友人の彼氏怪しい?

出会いが全くないと嘆いていた友人。

会うたびに誰か紹介してと言われ続け4人ほど紹介しましたが、カップルになることなく終わっていました。

そんな友人に彼氏ができたというのです。

しかも結婚前提でお付き合いしているとか。

出会いを聞いてみるとマッチングサイトで知り合ったらしいです。

それって大丈夫かな?と心配になりました。

もちろん真面目にお付き合いしている人も多いでしょうけど、中には体目的だったり、お金目的だったりするわけじゃないですか。

最初から結婚前提というのも気になります。

友人に身辺調査してみては?と言いたかったですが、まだ突き当て日が浅いので本格的に結婚の話が出たら進めてみるつもりです。

依頼するかしないかは本人次第ですが、何も言わないまま結婚したら後悔しそうな気がしたので、はっきり身辺調査した方がいいと伝えます。

でも友人に彼氏ができたことは素直に嬉しいです。

ずっと彼氏を欲しがっていたので。

身辺調査で結果を出せる探偵社

辛い毎日を送っている友人

2年ほど付き合い、子供ができたことをきっかけに結婚した友人がいます。

1年ほど前までは、4人の子供に恵まれて幸せな生活を送っていました。

しかし、旦那さんの不倫をきっかけに家族がバラバラになってしまったのです。

不倫を知るきっかけとなったのが近所の人の証言らしいです。

「旦那さんが女性と歩いているのを見たわよ!」こんな風に言われたそうです。

こんなドラマみたいなことがあるんですね。

友人は自分で証拠を押さえようと旦那さんのスマホをみたりしましたが、ロックされており見ることができず…。

財布からも証拠がでてこなかったので探偵に依頼しました。

そしたらホテルに入る2人の写真を見せられたそうです。

あまりにもショックで人間不信になるほどに。

このころ、私も友人と連絡が取れずに心配していました。

不倫が分かっても旦那さんのことが好きで離婚することができないそうです。

辛い毎日を送っていると泣きながら言っていました。

ここまで家族に悲しい思いをさせて不倫するなんて許せない!

浮気調査で結果を出せる群馬県高崎市の探偵社

慰謝料交渉なら交通事故が得意な弁護士に

交通事故に遭うことってなかなかないのでどのように進めていいのかわかりませんよね。

車を運転する以上、事故を起こす可能性も巻き込まれる可能性もあると考えて勉強しておくのがいいかもしれません。

交通事故に巻き込まれてしまった場合、ケガなどがなくても病院へ行くようにしてください。

しばらくして症状が出ても、病院へ行っていなければ事故との関係性が分からなくなってしまいます。

なので症状がなくても病院へは行くようにしてください。

交通事故で多い症状がむち打ちです。

むち打ちで通院する場合、3か月でだいたい50万円前後の慰謝料がもらえます。

ただし、弁護士にお願いしなければ慰謝料アップは難しく保険会社の提示金額になってしまいます。

慰謝料を少しでも多くもらうためには弁護士にお願いするのが一番です。

交通事故に得意な弁護士がいますので、ネットで探してみるといいですよ。

離婚に強い弁護士に依頼しても意味ありませんからね(笑)

交通事故被害者の示談の進め方

安くていいもの

昔はダイソーといえば原色カラーの商品で悪く言えば下品という感じだったのですが、最近ではナチュラルカラーも増えオシャレになりましたね。

原色カラーでも100円だから仕方ないか!みたいな感じだったんですよね。

しかしセリアに対抗?してダイソーもどんどんオシャレになっています。

安い商品で見た目も機能も良ければ、100円で購入してしまいますよね。

ホームセンターで500円ほどで販売している商品でも100円で購入できるとなれば買ってしまいますよ。

100円ショップだけでなく、安くてサービスのいいものをいうのは多々あります。

例えば、この前友人が探偵を雇ったそうですが低価格なのにサービスが良くて満足したと言っていました。

探偵って高いイメージありませんか?

それなのに低価格で、しかもサービスまでいいなんて評判も良くなるはずです。

有名な探偵社だったそうですが、もし利用することがあればまたお願いしたいと。

でも探偵利用することってあまりありませんよね?

安くて調査力のある探偵社一覧

浮気で精神崩壊

職場の同僚が夫に浮気され、精神が崩壊してきました。

もともと明るくて場を盛り上げるのが上手だったのですが、最近はネガティブ発言ばかりです。

浮気を疑っていたので探偵にお願いしたそうです。

そしたら2人の女性と浮気していたことが発覚!

結局は離婚せずに浮気相手と別れることになったそうですが、浮気されたストレスから寝ることができなくなったとか。

寝ないので肌がボロボロで吹き出物が結構できています。

そして毎晩お酒を飲んでいるそうです。

お酒を飲むとおつまみを食べたくなりますよね。

体重も一気に3キロ増らしいです。

3キロ増えただけでも結構変わりますね。

離婚したいそうですが、1人で生活する自信がないため一緒に暮らしているとか。

どうやら借金があるので、自分だけの稼ぎじゃ難しいみたいです。

でも浮気で離婚となると慰謝料もらえるから少しは楽になるんじゃないかな?

このままボロボロになっていく姿を見るのは本当につらいです。

浮気調査は大手探偵社で

自己破産せずに済んだかもしれない人生

最近、ちょっときっかけがあって、自己破産経験者の書いた本を読みました。

「みなさんにお知らせします。私は自己破産(リフレッシュ・スタート)しました」
安藤一平 著 本の泉社

という本です。

この人は慶応大学を出ていて、元は銀行マンだったのですが、家業を継ぎ、それを潰してしまって自己破産しています。

はじめの方に出ているのですが、この人の負債総額は800万円で後から計算すると過払い金等が794万円あったそうです。

もし最初に利息の引き直し計算をして過払い金返還請求をしていれば、借金はわずか6万円。

自己破産どころか債務整理そのものが必要なかった、ということになります。

この人は借金がほとんどないのに自己破産して多くのものを失ったのです。

薄い本なのに何度も何度も「自己破産は後悔していない。感謝している。」というフレーズが出てきますが、それがそのまま悔やんでも悔やみきれない気持ちを表現しています。

いつ自己破産したのかわかりませんが、3会統一基準など、債務整理の定石が整理されていない時期に、不慣れな弁護士に頼んでしまったのでしょう。

今日では、まず利息の引き直し計算を真っ先にするのが定石で、任意整理か、個人再生か、自己破産かはその後の話です。

借金苦に陥ってからは本もたくさん読んで研究したというし、慶応を出ていて賢いわけだし、銀行にいたのだから人脈を通じて調べようもあったのでは、という気がしますが、とにかくこの方は自己破産をしてしまいました。

自己破産したら人生の終わり…ではなく、免責を得て借金が帳消しになって、その後の収入は全部自分のものになってリフレッシュスタートが切れるのは事実です。

とはいえ、10年にわたりローンもクレジットカードもダメというのは大きな制約になります。

借金に苦しんでいる人は、知識の足りない弁護士の勧めに従って安易に自己破産せず、まずはもっとダメージの少ない方法を探ってほしいですね。

自己破産せずに済んだかもしれない方法